緑(グリーン)

この555nm付近の波長の色を、人間の目と脳の組み合わせは『緑(グリーン)』と認識するのです

更新日 2017年08月08日

本日 0pv

合計 37pv



『目に見え易い』最強のカラス撃退レーザーの条件

標準的な人間の目は555nmの波長色の認識度が最高と言われています。(環境や個人差などの条件は除いての話です)


この555nm付近の波長の色を、人間の目と脳の組み合わせは『緑(グリーン)』と認識するのです。


しかしながら波長が固定の汎用のレーザーポインターでは、丁度その555nmの波長が出る物が無いので、その555nmに一番近い532nmの波長が出るグリーンレーザーが色々な所で使われています。


これがグリーンレーザーポインターがプレゼンなどに最強と言われる所以です。

(同じ波長であれば、出力が高ければ高い程、視認性はどんどん高くなります。)


http://www3.hp-ez.com/hp/laserscheap/page5/1


『目に見える』と言う定義では、『555nmの波長(若しくはそれになるべく近い)』と言うのが最強の条件となります。

2)『単位面積当たり』が最強のレーザーの条件

同じ出力であっても、猫用レーザーポインター光の照射エリアを絞れば絞るだけその単位面積当たりの出力は強くなっていきます。

例えば同じ1mWの出力であっても、それが10c㎡当たりなのか、それとも1c㎡当たりなのかでは10倍もの差が出てきます。


レーザーポインター5mw猫


レーザー光を絞る為に使われるレンズから得られるそのスポット径は、理論上『スポット径=fλ/D』で計算する事が出来ます。ここでのfは焦点距離であり、λが波長、そしてDが元のレーザーポインター usb 充電式光の直径です。

この理論上の最小スポット径は『回析限界』と言われ、それ以上は光を絞り込む事が出来ないとされています。

(実際は回析限界以下での数十nmでの加工に成功したと言う話もあります。)


上の計算式からもわかる様に、波長が短くなればなる程、小さいスポット径に絞り込む事が可能な訳です。

そしてそれは凡そ波長と同じ位のスポット径となるはずです。


だから1,064nmの波であれば1,064nm径、532nmであれば532nmと言う微小なスポット径が理論上は得られるのです。 (『n(ナノ)』は10のマイナス9乗)

実際は波長を短くすればするほどレーザー機器の出力が小さくなりがちで、前提条件の『出力は同じ』と言う状態は難しいのですが、単純にこの場合532nmは1,064nmの2倍強いと言えますよね?


レーザーポインターLEDライト付『単位面積』と言う定義では、『波長が短い』と言うのが最強への条件となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

川口あんてなについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)川口あんてな All Rights Reserved.